ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新





スタッフ用

学科内

seminar:2015:008

第08回

  • 講演者 : 木村 正人 氏 (金沢大学)
    • 題目 : 衝突と分裂を繰り返す多角形運動と雪の結晶モデルへの応用
    • 日時 : 平成27年12月15日(火)16:30 – 17:30

辺の向きを保ったまま運動する平面内の多角形の時間発展モデル について紹 介する.これは,平衡形に近づく結晶運動のモデルとして Angenent-Gurtin(1989)およびJean E.Taylor(1991)で 提唱されたクリスタラ イン運動が最初である.彼らは多角形の各辺に クリスタライン曲率(多角形 曲率)を定義し,曲率流方程式の 離散版に相当するものを考えたが,その後 Hele-Shaw流れの移動境界 問題などにも拡張されている.今回の講演では,正 六角形を結晶の平衡形 とするクリスタライン運動において,辺の衝突や分裂 を許した新たな 多角形運動の枠組みを説明する.応用として,簡略化された 雪の結晶モデル とその数値計算例を示す.本研究は田中智恵(金沢大学自然 科学研究科 数物科学専攻)との共同研究である.

seminar/2015/008.txt · 最終更新: 2017/11/16 18:27 (外部編集)