ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新

ページ日付
第16回 坊向 伸隆 氏 2023/02/02 15:09
第15回 Jong Taek Cho 氏 2023/01/29 21:26





スタッフ用

学科内

seminar:2022:05

第05回 入江 博 氏

  • 講演者 : 入江 博 氏 (茨城大学)
    • 題目 : 凸体のMahler予想について
    • 日時 : 2022年 10月 7日 (Fri) 16:30 〜 17:30
    • 場所 : 野田キャンパス 数学科セミナー室(4号館3階)

abstract

Euclid空間の中心対称な凸体とその極凸体の体積の積はMahler体積(volume product)と呼ばれ、Minkowskiの「数の幾何」のMahlerによる研究において導入されたものである。数論への応用を離れて、凸幾何では凸体の集合上の汎関数としてのMahler体積のふるまいに興味がある。Mahler体積の上からの評価はBlaschke-Santal¥'o不等式としてよく知られており、凸体が楕円体の場合に限りその最大値をとる。一方、下からの最良評価は2次元の場合にMahlerにより1938年に与えられたが、一般次元では未解決であり、Mahler予想(1939年)と呼ばれる凸幾何の分野での古典的問題の一つである。本講演では、柴田将敬氏(名城大学)との共同研究で解決したMahler予想の3次元の場合(2020年)を中心に、以下のプランで解説したい。

(1) 2次元の場合(Mahlerの定理)の証明

(2) 3次元unconditionalの場合のJ. Saint-Raymondの定理のM. Meyerによる別証明

(3) 3次元一般の場合の証明の概要

※ 今回は理工学部数学科談話会との合同開催となります。

seminar/2022/05.txt · 最終更新: 2022/10/21 19:16 by wikiadm