ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新





スタッフ用

学科内

seminar:2021:03

第3回 都地崇恵 氏

  • 講演者 : 都地崇恵 氏 (東海大学)
    • 題目 : Semi-local units modulo cyclotomic units for p=2
    • 日時 : 2021年 7月 6日 (火) 15:00 〜 16:00(いつもと開始時間が異なります
    • 場所 : 東京理科大学野田キャンパス講義棟 K206 教室(ハイブリッド開催、東京理科大関係者のみ入場可

abstract

 p を素数とし, アーベル体 k 上の円分 Z_p 拡大における半局所単数群と 円単数群のノルムによる逆極限をそれぞれ U と C とする. 剰余群 U/C の Galois 加群としての構造は p 進 L 関数と密接に関係している. p=2 も含めた任意の素数 p について, 拡大次数 [k:Q] が p で割り切れない 場合は岩澤, Gillard によって, U/C の Galois 加群としての構造が決定され ている.

 その後, この岩澤, Gillard の結果を, 講演者は p が奇素数で拡大次数 [k:Q] が p で割り切れる場合に拡張した. 今回は, p=2 で拡大次数 [k:Q] が偶数の 場合に同様の結果が得られたのでそのことについて話す. また p=2 の場合と p が奇素数の場合の違いについても触れる.

seminar/2021/03.txt · 最終更新: 2021/07/07 08:21 (外部編集)