ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新





seminar:2019:009

第09回

  • 講演者 : 横山 俊一 氏 (首都大)
    • 題目 : Julia 言語を用いた新しい数論パッケージ Nemo について
    • 日時 : 2019年 10月 23日 (水) 16:30 〜 17:30

Nemo とは、ドイツ・カイザースラウテルン工科大学を 中心として開発が進められている、数論パッケージの一つである。 既存の数式処理システムとは異なり、動的かつ多重ディスパッチを 許容する新しいプログラミング言語 Julia を採用しており、さらに Flint, Arb, Antic といった既存の高速ライブラリを最大限に活用する 機構をもつ。そのため、従来の数式処理システムの実行性能を 大幅に上回ることのできる実装がいくつか存在する。 本講演では Nemo ベンチマークの相手として Magma を用い、 Magma を上回る(現時点で世界最速の)性能を発揮できる Nemo の実装例とその理由を実演を通して解説する。 その上で、Magma を超えられない例もいくつか挙げ、Nemo の 更なる高速化に向けての展望を(時間の許す限り)お話ししたい。

13 images

seminar/2019/009.txt · 最終更新: 2019/10/24 13:45 by t_kashio