ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新

ページ日付
第3回 都地崇恵 氏 2021/06/18 10:17





スタッフ用

学科内

seminar:2012:005

第05回

  • 講演者:那須 弘和 氏(東海大学)
    • 題目:3次元単線織多様体上の曲線の変形障害について
    • 日時:平成24年7月20日(金)16:30〜17:30

Mumfordは3次元射影空間内の非特異曲線のHilbertスキームが生成的に被約でない(generically non-reduced)既約成分を持つことを示し、 この事実をHilbertスキームの病理と名付けた. 向井茂氏との共同研究において, Mumfordの例を一般化, もしくは簡易化し, 多くの3次元単線織多様体に対し, その上の非特異曲線のHilbertスキームが非被約成分を持つことを示した. 本講演では, この結果を紹介するとともに, これらの非被約性(特異点)の原因である曲線の変形障害について、 多様体上の別の有理曲線(第1種例外曲線)との関係に焦点をあてて、説明する.

55 images

seminar/2012/005.txt · 最終更新: 2017/11/16 23:37 (外部編集)