ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新

ページ日付
第3回 都地崇恵 氏 2021/06/18 10:17





スタッフ用

学科内

seminar:2012:004

第04回

  • 講演者:長澤 壯之 氏(埼玉大学大学院理工学研究科)
    • 題目:メビウス・エネルギーの特異性除去と変分公式の絶対可積分性
    • 日時:平成24年6月29日(金)16:30〜17:30

メビウス・エネルギーは、結び目のエネルギーとして1991年に提唱されたもので、 結び目が自己交叉を起こすと、エネルギーが発散するように定義されている。 すなわち、エネルギー密度に特異性を有する。 自己交叉を起こさなくても見掛け上特異性を有しており、そのため、エネルギーは密度の主値積分で表される。 絶対可積分性が保障されないため、種々の計算が面倒であった。 例えば、変分公式も主値積分による表現になる。 ここでは、自己交叉以外に起因する特異性が除去できる事を示し、それを基に第一変分・第二変分公式の絶対可積分性を導く。 石関 彩(埼玉大学)との共同研究。

43 images

seminar/2012/004.txt · 最終更新: 2017/11/16 23:36 (外部編集)