ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新





スタッフ用

学科内

seminar:2011:011

第11回

  • 講演者:一瀬 孝 氏(金沢大学)
    • 題目:Three Magnetic Relativistic Schrödinger Operators and Imaginary-time Path Integrals(3つのシュレーディンガー作用素と虚数時間経 路積分)
    • 日時:平成23年11月4日(金)16:30〜17:30

古典的なスカラー・ベクトルポテンシャルをもつ相対論的ハミルトニアン表象 \([(\xi-A(x))^2+m^2]^{1/2}+V(x)\) に対する3つの相対論的シュレーディンガー作用素を考える。 先ず、この3つが定数磁場のときには一致するが、一般には相異なり、またゲージ変換に対して共変かどうかについて述べる。 次に、この3つの作用素に対する虚数時間シュレーディンガー方程式、即ち、熱方程式、の解に対する経路積分表示に関するサーベイを行う。 表示は、右連続、左極限を持つ不連続経路達の空間上のレヴィー過程が関わる。

31 images

seminar/2011/011.txt · 最終更新: 2017/11/17 00:52 (外部編集)