ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Page List


最近の更新





スタッフ用

学科内

seminar:2011:006

第06回

  • 講演者:山本 修司 氏(東京大学)
    • 題 目:円周率で表される多重ゼータ値の和
    • 日時:平成23年7月22日(金)16:30〜17:30

多重ゼータ値 \(\zeta(k_1,...,k_n)\)(\(k_1,...,k_n\) は正の整数, \(k_1>1\))またはそれらの有限和に対して、 その値が円周率の冪の有理数倍として求められることがある。 このような例としては、有名な \(\zeta(2k)\)のほか、\(\zeta(2,2,...,2)\) や \(\zeta(3,1,3,1,...,3,1)\) の値、 さらにこれらの一般化としてBowman-Bradleyの定理などが知られている。 また等号付き多重ゼータ値に関する類似として近藤–斎藤–田中の定理がある。 この講演ではこれらの定理や関連する予想について、最近得られた結果を交えて紹介したい。

13 images

seminar/2011/006.txt · 最終更新: 2017/11/17 00:58 (外部編集)